地方の活性化の基礎は「原理・原則」と「時流適応」。

船井総研には「経営の原理原則を守り、時流適応していかなければならない」というセオリーがあります。

「原理・原則」とは、船井流の競争法を踏まえた仕組みづくり(ビジネスモデル)の強化を指します。

言い換えると、あくまで地域一番の強み(長所/高シェア)を活かしたまちづくりです。役場だけではなく、各経済団体や市民を巻き込み、まちに住む人を活かし、人を信じ、人を伸ばす仕組みづくりです

そして時流適応とは、トレンドに適応するということです。

つまり、『今後伸びるマーケットに着手する』という考え方です。

今、地方で伸びるマーケット=地方活性化に拍車をかける分野 は、“IT” “インバウンド” “関係人口” などがあります。

地方創生にはさまざまな定義とアプローチが存在しますが、私たち船井総研では原理・原則と時流に適応した地方創生を進め、「まちづくり・しごとづくり・ひとづくり」に特化した現場主義のコンサルティングスタイルを展開しております。

地方創生コンサルティングレポート
~船井総研の地方創生グループがお送りする成功事例の数々~

地方創生コンサルティング実績10年!現場で積み上げた地方活性化のための事例満載のメールマガジンです。食のブランド化、道の駅経営、六次化産業など、読んだ人だけが得する、地方公共団体様支援の現場から編み出した地方活性のための成功ノウハウを伝授します。

メルマガバックナンバー

船井総研のコンサルタントによるコラム

専門コンサルタントによる無料経営相談

地方創生グループ グループマネージャー

「船井総研地方創生コンサルティングでは、無料で経営相談を随時受け付けております。

無料経営相談は専門コンサルタントが担当させていただきますので、自治体などでお困りのどのようなテーマでもご相談いただけます。

通常、コンサルティングには多大な費用がかかりますが、無料経営相談では1歩手前のご相談・お困り事をお聞きいたします。 ぜひご活用いただければ幸いでございます。」

ホテル旅館経営セミナーのご案内

コンサルタントコラム

ページのトップへ戻る