空き家バンク活性化

2019年現在、空き家問題は地域活性化を語る上で欠かせない議題となっております。急速な高齢化、そして若者の流出により地方都市だけでなく首都圏においても空き家の増加が深刻化しています。

今後もこの流れは加速することが見込まれており、2033年には全国家屋の3件に1件が空き家になると推測されています。

しかし、ただでさえ人口が減少しているのに空き家を減らそうという施策は非常に困難です。

恐らく多くの自治体様が「空き家の実態調査」を行い現状把握したものの、次の一手をどうするか悩まれているのではないでしょうか。また空き家バンク等の空き家対策を整備したものの、思う様な成果が挙げられていないのではないでしょうか。

船井総合研究所ではそうした悩める施策の運用・執行に対し効果的なノウハウを提供するための多くの実績がございます。

こんな人におすすめ

    株式会社船井総合研究所では、これまで多くの中小企業に住宅・不動産のコンサルティングを行って参りました。その長い歴史から「家屋等の物件数の増加方法」「入居者の集客・引き合いの増加手法」「住宅分野における売り手・買い手のニーズ把握」等において確固たるノウハウを確立して参りました。これらは民間企業に対するコンサルティングで得られたものですが、自治体様においても広く有効な手法であり、これまで多くの自治体様で実践させて頂いた実績がございます。

    もし下記のようなお悩みをお持ちでしたらぜひ一度弊社の無料経営相談にお問い合わせください。

  • 空き家バンクの物件数を増やしたい。
  • 空き家バンクへの問い合わせを増やしたい。
  • 傷みが激しい空き家の対処方法を知りたい。

成功事例

  • 青森県「(業務名)」
  • 山梨県F町「(業務名)」
  • 愛媛県M市「(業務名)」
  • 東京都C市「(業務名)」
  • その他実績多数

ホテル旅館経営セミナーのご案内

コンサルタントコラム

ページのトップへ戻る