商店街の活性化

本コンサルティングの目的は、商店街内部において協議会を組織し、複数施策を検討・展開することで、商店街のにぎわいを再生するすることにあります。

商店街は、従来は生活の場の中心でしたが、現在はチェーン店を中心とする大型店舗の進出、及びWebを中心とした通信販売によって、従来の「商業機能」を失いつつあります。

一方で、地域の中心に位置することから、地域性を重視した交流機能はより強化される傾向にあります。

商店街活性化では、以上のような位置づけの変化に注目し、商店街組織において再度地域の良さを見つめなおし、さらに地域性を域重視したイベントを展開し賑わい再生につとめ、さらに従来店舗にリノベーションを加えた店舗募集などを行うことで新たな商業店主を創出し、新しい交流とビジネスによるにぎわいを再生していきます。

こんな人におすすめ

  • 商店街の活性化に向けたアイデアを知りたい方
  • 商店街のにぎわいをつくりだしたい方
  • 商店街活性化のアイデアはあるが、その実行方法がわからない方
  • 商店街活性化に向けて、周りの仲間を巻き込んでいきたい方。

成功事例

    愛媛県 M市M地区

    商店街のにぎわい再生に向けて、地区の歴史性に注目し古民家の利活用を開始。旧来の古民家をリノベーションし、さらに小口に分けて貸し出す「古民家リノベ事業」(サブリース方式)を開始。新しいビジネスを行う小規模事業者を集積させ、新たな交流によるにぎわいを創出することに成功した。

ホテル旅館経営セミナーのご案内

コンサルタントコラム

ページのトップへ戻る