廃校利活用による地域再生事業支援

本コンサルティングの目的は、各地域の学校を活用して地域再生の拠点として位置づけることにあります。

一部地域においては、少子化により学校は従来求められていた機能を失い廃校となります。

しかしその多くは、好立地に広大な面積を持ち、また地域の多くの人々が一定期間を過ごしたという経験により、今も地域の中心であり続けています。

よって本コンサルティングにおいては、その可能性を専門家の視点から再度検証し、さらに地域の意見を集約することで、地方創生の中心施設として再生していきます。
具体的には、住民代表による検討組織の組成、全国事例等からのノウハウの蓄積、さらに外部を含めた活用アイデアの募集と検討、さらにその実装までを行っていきます。

こんな人におすすめ

  • 地域の学校が廃校になる可能性があり、早めに検討したい方。
  • 地域の廃校についてよいアイデアがなく、様々なアイデアを知りたい方。
  • 廃校利活用についてよいアイデアがあるが、どう地域を巻き込めばよいかわからない方。
  • 地域の学校への思いが強く、地域全体で話し合いの場を持ちたい方。

成功事例

    山梨県 K町S地区

    風光明媚な場所に立地するが、少子化により地区の学校が廃校となる。
    その後、危機感をもった有志が利活用のための協議会を立ち上げて勉強会を開始。全国の利活用事例の研修、一部視察を行い、地域内外から利活アイデアを募るコンテストを実施した。コンテストでは、大学を含む多くの団体から意見が応募されて、地域内外からの注目が高まった。現在、利活用方針を精査中。

ホテル旅館経営セミナーのご案内

コンサルタントコラム

ページのトップへ戻る