移住・定住の活性化

地域活性化における最大の課題は言わずもがな「人口減少」です。「人口減少」を食い止めるためには、

①外から地域内に人を呼び込む(=移住対策)

②地域内から人が流出しない様にする(=定住対策)

これらの事が必要になってきます。

この2つは言うならば車の両輪であり、どちらか1つでも欠けたら成立しないものとなっています。しかし移住・定住どちらも非常に広い概念であり、「どこから手をつけて良いのか」そして「何が最も効果的なのか」が分かりづらいものです。

移住1つとっても雇用・住居・生活環境など考えるべき項目は多岐にわたります。これらの項目について、船井総合研究所は総合的なご支援が可能な体制を整えております。

こんな人におすすめ

    株式会社船井総合研究所では、「地域独自固有の長所」という考え方を非常に大切にしております。これはいかなる地域も他の地域には無い特色を持っており、その長所を伸ばすことが大切だという考え方です。

    例を挙げますと、いまや日本有数の観光地として知られる大分県湯布院町も長きにわたり「温泉」「高原」という2つの特色を活かして発展して参りました。これは「移住・定住」施策についても同様の事が言えます。まずは地域の核となる資源を見つけ、雇用・住居・生活環境等から移住者、そして住民に魅力ある地域にしていくことが重要です。

    もし下記の内容でお悩みでしたら弊社の無料経営相談にお申し込みください。

  • 都市圏への情報発信の仕方が分からない。
  • 移住者に向けて何を発信したら良いのか分からない。
  • 雇用・住居など何から整備していけば良いのか分からない。

成功事例

  • 青森県庁「移住者受入体制助言・指導業務」
  • 山梨県富士河口湖町「平成28年度 二地域居住促進支援業務」
  • 岩手県一関市「平成28年度 一関市まちづくりに関する総合支援業務」
  • 福岡県芦屋町「地域再生マネージャー事業実施業務委託」
  • その他実績多数

ホテル旅館経営セミナーのご案内

コンサルタントコラム

ページのトップへ戻る