農畜産物ブランド化コンサルティング

本コンサルティングの目的は、地域の基幹産業である農家、農業団体そのものを支援することにあります。特に最近は、新種の品種を開発し、ブランド化することによって付加価値を高めて販売するという手法が地域経済に貢献しています。

よって、本コンサルティングにおいては、農業団体や都道府県庁等と協力することによって特定品種のブランド化を促進します。具体的には、対象となる品種のターゲットを特定し、最も付加価値を高めるための施策を組み合わせ、提案、実行支援まで行います。

こんな人におすすめ

  • 全国のブランド化した農畜産物の事例を知りたい方。
  • 自地域の中でブランド化のポテンシャルのある品目を知りたい方。
  • 特定品種、品目のブランド化の方法を知りたい方。
  • 以前ブランド化された品目の現在の課題を知りたい方。

成功事例

  • 滋賀県 O市
  • 豊富な水資源を活かし、様々な独自品種の開発に取り組んでいる。対象となった品種は新たな米の品種。ただし、米そのものの消費量は伸び悩んでいたため、売り出しのタイミング、数量、売り出し方などについて課題を抱えていた。実際のアドバイザリーではブランド化会議を開催し、他地域の成功事例等から成功要因を抽出して解説することで、価格を維持した販売が可能となった。

ホテル旅館経営セミナーのご案内

コンサルタントコラム

ページのトップへ戻る