道の駅経営

船井総合研究所が展開する道の駅の支援は立ち上げ・リニューアルの際のマーケティング的視点にたった「商圏環境・競合調査」、その後の管理運営候補者を選定するための「サウンディング調査業務」の2段構えになっています。

これまでは自治体や第三セクターの運営するところが多かった道の駅ですが、経営的視点が抜け落ちているがために、施設の収支や運営がままならず、財政予算を逼迫するところも散見されました。そのような中、国の方針として今後は民間企業の力を活用し、ある程度運営ノウハウ・実績のある運営管理候補企業へ運営を任せる運営形態も徐々に増加しています。

今後、道の駅を新設・リニューアルしていく担当者様に求められることは、現状施設が立地している環境が経営的視点においてどの程度力があるのか調査分析を行うとともに、その立地ポテンシャルを最大限生かせるだけの施設を運営可能な事業者選定を実施することだと考えます。

わたしたち船井総合研究所は、これまで各地で実施してきた道の駅調査・分析業務の実績・ノウハウを使い、そのすべてをきめ細やかにサポートすることが可能です。

こんな人におすすめ

  • 道の駅の新設が予定されているが、何から手を付けてよいかわからない
  • 道の駅のリニューアルのために事前の商圏調査を実施したいがどこにお願いしたらいいかわからない
  • 道の駅の基本計画は策定しているが、経営的視点で見たときに収益化が可能な施設なのかわからない
  • 道の駅の運営方法や、確実な運営・管理をしてくれる候補事業者の候補がいない、または選定の仕方がわからない

成功事例

  • 千葉県A市 道の駅総合支援アドバイザー業務
  • 宮崎県S市 道の駅経営経営計画策定業務
  • 徳島県N市 道の駅調査委託検討業務

ホテル旅館経営セミナーのご案内

コンサルタントコラム

ページのトップへ戻る