道の駅の経営レポート

国土交通省関東地方整備局「道の駅設置数データ」によると、全国の道の駅の総数は合計で1,160駅となっています。また、この数値は今後も伸び続けるものと予測されており、その数は1,500駅に達すると予測されています。

しかし、道の駅といっても様々であり、しっとした計画で黒字経営ができているものもあれば、他方では赤字経営で行政が今すぐにでも誰かに引き取ってほしいと願っている駅もまた存在します。

今、道の駅は観光、移住、特産品、拠点、防災機能を支える「自立経営の視点」が求められます。

では、その自立経営ができる道の駅に必要なステップとは?

ぜひ、以下のレポートでお確かめください。

道の駅を新規整備、リニューアルする際には管理運営計画の検証、指定管理事業者の選定、地元農商工事業者への説明など、地域への還元度を最大化させるために考慮すべきことが数多くあります。

我々船井総研地方創生コンサルティングでは、持続可能かつ地域に貢献する道の駅を提案し、その実現に向けて支援させていただいております。
詳細は無料経営相談よりお問い合わせください。

ホテル旅館経営セミナーのご案内

コンサルタントコラム

ページのトップへ戻る