食のブランド化事例集

地域が地方創生・活性化を実現するために、「食文化」を活用することが多い傾向にあります。それはなぜか?

地方創生を食文化で行う事例は、2000年代に入る手前あたりから増加し続けています。

それまでは、地域の食文化、というよりも地域の食材に注目され、食材を出荷することで地域の所得をあげるケースが多くありました。

しかしながら、徐々に食文化そのものに焦点があたり、現在では地域の食材を使って地域そのものを楽しんでもらい活性化に貢献する手法に変化してきました。

本レポートでは、

【レポート No.1】 基礎1 食材から食文化への変化の背景
【レポート No.1】 基礎2 食文化が地方創生に役立つ理由
【レポート No.2】 応用1 トレンドを組み合わせる
【レポート No.2】 応用2 ストーリーを付ける
【レポート No.2】 応用3 情報発信を工夫する
【レポート No.3】 発展1 真の食のブランド化を目指して

という6つの視点でみていきます。

ぜひ、無料ダウンロードの上、ご覧くださいませ。

我々船井総研地方創生コンサルティングでは、地方公共団体様向けにさまざまな地域食品のブランド化手法を提案し、その実現に向けて支援させていただいております。

まずは、詳細について無料経営相談よりお問い合わせください。

地方創生セミナーのご案内

コンサルタントコラム

ページのトップへ戻る