週刊まちおこし 第693号【山村留学制度!? 高知県大川村の地方創生】

─────全国のまちおこしを応援する注目メルマガ!─────
  ┏─┓┏─┓┏─┓┏─┓┏─┓┏─┓┏─┓┏────┓
  │週││刊││ま││ち││お││こ││し││2019│
  ┗─┛┗─┛┗─┛┗─┛┗─┛┗─┛┗─┛┗────┛
          第693号

みなさん こんにちは!!
船井総合研究所が送る、
日本最大規模のまちおこしメールマガジン
「週刊 まちおこし」の編集長のシラカタです。

突然ですが、皆さんにお知らせです!
この度、船井総研の地方創生コンサルティング公式ウェブにて
地方創生コンサルタントが自ら筆をとり、
書き記した小冊子がダウンロードできるようになりました!

詳細は
https://machiokoshi.funaisoken.co.jp/ 「小冊子ダウンロード」
よりご覧ください。ダウンロードは無料です。

今回のコンテンツは、高知県大川村の地方創生!
それではどうぞ!!

◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇
         今号のコンテンツ
■ 今月のトピック 
 【山村留学制度!? 高知県大川村の地方創生】

■ 地域活性化コンサルタントの1日(ブログより)
http://blog.livedoor.jp/keisuketochio/archives/52476694.html
「館林 百年小麦をめぐる旅」

■ 船井総研主催 小さなまちのインバウンド戦略セミナー
  開催日:2019年11月18日(月)
  開催場所:株式会社船井総合研究所 淀屋橋セミナープレイス 
 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓詳しくはこちら↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://machiokoshi.funaisoken.co.jp/seminar/

◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇

■ 最新トピック 
 【 山村留学制度!? 高知県大川村の地方創生 】

皆さんこんにちは!
週刊まちおこし編集長の白方です。

〇山村留学制度!?高知県大川村の地方創生

高知県大川村では「大川村ふるさと留学」を実施しています。

1987年に村役場が始めた制度で、

小学5年生から中学2年生までの児童が1年間親元を離れ、
大川村の小中学校に通うというものです。

留学生は、食費や宿泊費等を含め1か月に5万円を自己負担する。

村役場はこのスキームで30年以上も、
毎年15人程度を受け入れているというので、びっくりです。

少子化が進む大川村では、
小学校の生徒数が少なく平成24年度の生徒数は29人ほどで、
そのうち11人が同制度を活用した生徒で、
約4割が長期留学生で構成されていることになります。

言い換えれば、留学制度がなければ、
学校の存続そのものが危うくなる状況なのです。

現在、全国的な潮流でも少子化による学校の統廃合は進んでいます。

大川村の事例のようにこれからは町ぐるみで域外の力も借りながら、
学校の維持、地域の交流人口拡大につながる仕組みを
取り組んでいかなければなりません。

次回は大川村がふるさと留学に取り組んだことで得た
成果についてご紹介します。

お楽しみに!

それでは、また来週!

————————————————————-
文責:白方 健 プロフィールはこちら↓↓↓
https://machiokoshi.funaisoken.co.jp/consultant/consultant-235/
◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇

■ 地域活性化コンサルタントの1日(ブログより)
 「館林 百年小麦をめぐる旅」

みなさん こんにちは。
地域活性化コンサルタントの杤尾圭亮です。

本日は、ご支援にて
群馬県館林市をご訪問しました。

現在、館林市は、

里沼文化

をテーマに日本遺産に登録され、
さらに地場の百年小麦を基礎として、
ブランド化を試みています。

今回もその一環で….

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓続きはコチラ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://blog.livedoor.jp/keisuketochio/archives/52476694.html

————————————————————-
船井総研 地方創生の第一人者 杤尾 圭亮 プロフィールはこちら↓↓↓
https://machiokoshi.funaisoken.co.jp/consultant/consultant-53/
ブログはこちら↓↓↓
http://blog.livedoor.jp/keisuketochio/
◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇

■ 船井総研主催 小さな自治体向けインバウンド誘致セミナー
  開催日:2019年11月18日(月)
  開催場所:株式会社船井総合研究所 淀屋橋セミナープレイス 
 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓詳しくはこちら↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
 https://machiokoshi.funaisoken.co.jp/seminar/

人口5万人以下の町…インバウンドは来るのか!?
そのように思われている自治体ご担当者様、商工会ご担当者様…

実は現在少しずつですが、都心⇒地方にインバウンドが
足を運ぶようになっています。
またその受入れ体制を試験的に外国人留学生の受入れ
を積極的に行っている町もあります。

現在、都心ではない小さな町でインバウンド誘致が成功している町には
特徴があります。

今回は2種類のインバウンド誘致成功事例をご紹介し、
「小さな自治体がインバウンドを呼び込むための手法」を解説します。

ぜひ、その秘訣をセミナーでお聞きください。

ゲスト講師は、
一般社団法人 田辺市熊野ツーリズムビューロー 会長
多田 稔子氏 です。

小さな自治体向けインバウンド誘致については、
こちらのページのコラムもご参考ください!
 https://machiokoshi.funaisoken.co.jp/seminar/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  発行:株式会社船井総合研究所 地方創生グループ
  https://machiokoshi.funaisoken.co.jp/
  事務局:TEL 03-6212-2930 白方 健
  E-mail:info@machiokoshi.net
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ホテル旅館経営セミナーのご案内

コンサルタントコラム

ページのトップへ戻る