アフターコロナのインバウンド戦略-02

事例、Zoomで体験する日本文化”Meet Geisha Online Drinking !

今回ご紹介するのは、
”Meet Geisha Online Drinking !”という
何と!日本の本物の芸者さんとテレビ会議システムで楽しむサービスです。

同サービスは、民間企業と箱根湯本芸能組合が連携し開始。

内容は芸者さんと30分間会話、、それだけではなく、
・お座敷遊び
・日本舞踊
が楽しめるコンテンツとなっているのです。
また小銭を投げる「おひねり」も経験できるそうです!

参加費用はもちろん、オンラインのキャッシュレス決裁。
クレジットカードや電子決済社会の外国人に対応しています。

言語については、他言語対応をしており、
英語で実施された回では、アメリカ・フランス・インド等
異なる地域の人が参加しました。

現在、コロナで接触を伴う集合型の催しは控える傾向にありますが、
オンラインであれば観光客も安心して参加することができます。

集客要因は、、、

芸者さんは日本でも格式が高く会えるというイメージが無い人に
オンラインで会えるという、固定概念を壊すことです。

やはり、斬新で面白いビジネスや取り組みは、
注目度も高まることから、情報が拡散されやすい傾向にあります。

今回の”Meet Geisha Online Drinking !”も、
海外メディアからの問い合わせが多かったそうです。

オンラインのコンテンツを考えていくことで
コロナ後の市場回復期のオフラインへの誘導にもつながっていきます。

コロナ禍のなか、
リアルとオンラインの場のすみ分け、
また、新しい観光の在り方を模索していけなければなりません。
この時期に是非、いまの取組みが
本当にリアル(接触)する必要があるのか、
オンラインで実施できないか 等を考えてみてはいかがでしょうか。

地方創生セミナーのご案内

コンサルタントコラム

ページのトップへ戻る