アフターコロナのインバウンド事例特集 

■コロナ禍の観光業界

99.9%…!
ご存知の方もいらっしゃるかと思います。
この数字は、日本政府観光局が発表した2020年4月の
日本全体におけるインバウンド客数の減少率です。

訪日客数は2,900人(前年同月対比99.9%減)となっています。

2020年1月からコロナウィルス感染症が発生し、
日本国内でも感染者を見せました。

政府も水際対策として外国人の入国を制限、
その結果として国内観光産業に甚大な影響を与えました。

しかしながら、
このインバウンド観光がこのまま停滞を続けることは考えにくく、
回復に向かう と見る予測も多く出されています。

■観光業界 回復の時期についての示唆

インバウンド観光は一体、いつ回復を見せるのでしょうか。

それは、

回復期1(7月以降) → 国内観光客
回復期2(10月~2月)→ 10月の国慶節、2月春節に向けて特に中国人観光客
回復期3(2月以降~)→ その他の東アジア諸国、さらに欧米諸国

この様に観光需要は回復を見せるのではないか、と考えられています。

本当に回復するのか、、、?
そう思われる方も多いと思いますが、回復を示唆するデータを
いくつかご紹介しましょう。

例えば、ジャパンショッピングツーリズム協会に加盟する
株式会社プラネットが発表した
中国における緊急調査報告書(2020年4月)によると、
過去3回以上日本を訪問したことのある中国人のリピーターは
訪日に対し、次のような意識を示しているようです。

まずは「今後の訪日旅行に関する意識」として、
「状況をよくみて日本を訪問するかどうかを判断したい」が57%と、
半数以上の回答が得られました。
一方で、「日本に対する好感度」については、
「とても好感度が上がった」=29%、「少し好感度が上がった」=46%と、
3/4の回答者が、日本に対する好感度向上が示されました。

さらに面白いデータが、
訪日時期について尋ねたところ、「10月頃」「来年以降」に訪日したい
といった意識があることです。

世界の旅行需要の高まり、アジアの経済成長を鑑みると
コロナの影響ですぐに回復するとは考えにくいですが、
今年後半、来年以降に東アジアを中心に、
徐々に回復を見せる兆しがあります。

■回復に向けて

この様に、回復するという見解が強く、兆しがありますので、
「焦らない」
「(インバウンドの)可能性を捨てない」ことが大事です。

ですが、コロナウィルス終息後は、
観光へのあり方、価値基準が大きく変化することが予測されます。
例えば、、非接触対応・3密対策など、、、
回復時の対応で、機会損失をしないためにも、
今できることを「じっくり取り組む」ことが重要かと思います。

地方創生セミナーのご案内

コンサルタントコラム

ページのトップへ戻る